土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

32年ぶりに剣道の試合で勝ちました。

32年ぶりに剣道の試合で勝ちました。

Total:149Today:2Yesterday:0

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

柳生剣友会の方に誘われて奈良県の武道場で開催された親善大会に参加しました。

6分40秒からと11分45秒から院長(岩城)がでています。これは一勝一敗です。 

続きと、1分43秒から始まります。結局3勝2負でした。 32年ぶり、半年の練習で、よくやったと自分で自分を褒めています。だって、他に褒めてくれる人いないから。
出場を誘ってくれてビデオまで撮影していただいた柳生剣友会の中田さんに感謝いたします。

これには、院長は出ておりませんが、柳生の剣友がでています。

コメント

  • ご活躍、おめでとうございます。

    体が動いていて、いい試合だと思います。剣道を再開して半年ぶりなので、今後が楽しみですね。
    自分のことを棚に上げて言わせてもらえば、上半身の力がもう少し抜ければ、もっといいと思います。打ちが小さいために、当てに行っているように見えます。細かいことを言えば、つばぜりが相手に近すぎのように思います。
     今後の対策としては、大きく正しい基本打ちを繰り返すことが効果的だと思います。そうすると、自然と解決すると思います。日ごろから、走り込みをされているだけあって、再開して間もないのにも体が動いていることはすごいと思います。
     岩城先生が剣道を再開され、稽古をされていることを本当にうれしく思います。近いうちに剣を交えることができることをたのしみにしています!


  • 市丸七段のご指導のお礼

    コメントいただきありがとうございます。

    自分でなんども見ていますが、確かにつばぜり合いが近いので、相手から打たれない代わりに、こちらから打っても一本にならないようです。これは気をつければなおることなので、その都度意識して改善いたします。

    上半身が硬いのは、昔からですが、緊張すると特にそうなるようです。空手をやっていた時も、よく注意されました。

    基本練習を小学生や中学生と一緒に頑張ります。

    かつて、久留米大学の剣道部の先輩から、「男子三日会わざれば刮目して見よ」ということわざを習いました。

    今年の夏までにやれることをやってみたいと思います。

    岩城



認証コード3175

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional