土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

16  上の歯は 神に祈れば 下の歯と 合っては解れ 分かれては逢ひ

16  上の歯は 神に祈れば 下の歯と 合っては解れ 分かれては逢ひ

Total:423Today:1Yesterday:0

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

上の歯は 神に祈れば 下の歯と 合っては解れ 分かれては逢ひ

「上の歯が下の歯と会った後に別れることが反復し、もしそこに食物が介在すれば、それを咀嚼運動という」ことは、長崎大学の歯学部の生理学の佐藤教授から習った。 

とおい、昔のことである。

この、上の歯と下の歯の、いわば出会いというか、ミーティングというか、これが男女間の問題であれば、そしてげすなことを言えば、逢瀬というか、そのようなことになりたいと、神にまで祈る気持ちも分かる。

会って、合うか合わないかを、確かめ、解り合い、歯ぴーエンドになるか、一度解ったものの、その後別れる分かり合いをするのか、そこで立ち止まるのか。別れたあとに、再び巡り逢うのか。

どの漢字が正しいのか、いや、適切なのかを、とことん迷って、本歌の評論ができない短歌である。

トータルには、良くできているが、漢字の使用について、疑問が残る和歌である。

もし、漢字使用について、参考意見があれば、お聞きしたいと思う次第である。

画像の説明

コメント


認証コード8600

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional