土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

後藤新平のようなリーダーシップを取れる人になってほしい医務技監。

後藤新平のようなリーダーシップを取れる人になってほしい医務技監。

Total:792Today:1Yesterday:0

コロナの水際対策を失敗したのは、安倍と、加藤と橋本の岡山コンビと、この人の責任か?

多分多分一番情けないのは鈴木康裕。この人が前面に出て、説明と責任を取るべき。

こいつが間違ったメッセージを送っていたような気がする。

もしくは、中国からの賄賂をもらってたか、政治的圧力に屈して、正しい強いメッセージを送れなかったか。

いずれにせよダメだ。技官あがりの技監ではダメだと思う。

初代医務技監 鈴木 康裕

医系技官のトップは米国であれば、「Surgion general」。

「Surgion general」は、医療に関しては、大統領の下で、絶対的な権力があり、また責任も重い。

であるから、アメリカの場合は、大統領が変われば、Surgion generalも変わる。

つまりが、問題があったり政権が変われば、責任を取るのがこの役職で、技術職だがいわば厚生労働省、実務大臣的存在である。

日本でもその必要性が問われ、本当だったら「医務総監」という名前の責任が重いポジションにすべきがしょぼい「医務技官」じゃなかった「医務技監」となっている。読んだら同じなので紛らわしさもある。

その紛らわしい初代に着任したのが、鈴木 康裕(すずき・やすひろ)
厚生労働省医務技監。

履歴をたどれば、技官からの順送の職である。

従って、長年政治家に殉じてきたから強い見解が述べられない。

この職では、少なくともマスコミ会見には常に表に出て行き、私が責任を取るという感じでの発言をしなければならない。

そんなことをしない責任者はいらない。

ちなみにだが、台湾では、とても優秀な人が、IT関係のトップにつき、その人の活躍でコロナ関係では世界で一番成功している。
その人は、トランスジェンダーではある。

しかし、少子化対策なら、何がしら問題はあるかもしれないが、感染予防にはそんなことは関係ない。とても優秀で、ITを駆使して、マスクの足りない状況を予測し足り、人の動きを見て予防的方針を決めていたりするという優れもの。

USBが何かわからないまま大臣になったそれ担当の大臣を指名した総理がまだ総理かと思えば、日本国民として穴に入りたいほどではあるが、今のところ安倍さんを応援しない限り他に代われる人はいない。

それはさておき、台湾での日本のコロナ対策の批評はこうである。

「台湾は日本統治時代に後藤新平から疫病対策を学んでその通りにやっている。ところが、今の日本は、なんだ? 後藤新平を忘れたのか?」

である。

と、いう意見を聞いて、後藤新平を調べた。

まー、そりゃ偉い人である。

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は、日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。

台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長を歴任した。云々。

台湾の医療政策を一手に担っていたのであろうと思われる。

Surgion general,、歴史的にはビタミンの父と呼ばれる高木兼寛もこの役職に相当する軍医総監を担っている。

石井四郎もそうだあったので医務総監のイメージが悪いのか?

医務総監じゃなかった医務技官でもない、医務技監は、外部から呼ぶシステムにして、厚労大臣並みの力と責任を与えない限り、厚生労働省の医療対策は改善されないと思う。

鈴木 康裕(すずき・やすひろ)
厚生労働省医務技監。
昭和 59 年慶応大学医学部卒。同年厚生省入省。
平成 10 年世界保健機関派遣、平成 17 年医政局研究開発振興課長、
平成 21 年厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部事務局次長、平成 22 年保険局医療課長、
平成 24 年防衛省衛生監、
平成 26 年厚生労働省大臣官房技術総括審議官、
平成 27 年(併)グローバルヘルス戦略官、
平成 28 年 6 月厚生保健局長、
平成 29 年 7 月より現職

つまりが、技官からの順送の職でもある。

従って、強い見解が述べられない。

後藤新平のような人になってほしい医務技監。

下記が米国の医療系のトップである。

The surgeon general of the United States is the operational head of the U.S. Public Health Service Commissioned Corps (PHSCC) and thus the leading spokesperson on matters of public health in the federal government of the United States.

米国の医務総監は、米国の公衆衛生局(PHSCC)の最高執行責任者であり、米国連邦政府の公衆衛生問題に関する主要なスポークスマンです。

医療技監を医療総監にしない限り日本の本当の医療能力を生かせないと思う。

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

コメント


認証コード9581

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional