土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

どう考えたらいいのかと思う事件はまあまああるが。

どう考えたらいいのかと思う事件はまあまああるが。

Total:649Today:1Yesterday:0

「安倍首相は黒川検事のことをあまり知らなかったこと」はどうも本当らしいので、いったい何がどうで今回の、我が愛する小泉今日子や、きゃりーぱみゅぱみゅが、話がとても複雑な法律改正に、意見を述べるかが、さっぱりわからなかったのだが、だんだん謎が解けてきている。

麻雀を緊急事態制限中にやったことはまあ、悪いことだが、それが、そんな重役の席を失うことかと、思ってしまうのは昭和の生まれのせいか?

だらしない人であったとは思うものの、それをきっかけに辞任しなければいけない日本社会は、ちょっとおかしいようにも思う。でもそれが仕方ないとしたら、ひっかけられた可能性が強い。

税金を、NPO法人と言う名で、マネーロンダリングして、自分の何かに使ったわけでもなく、人の金を盗んだわけでもないのだが、「麻雀して辞職」、それが日本の法律である。

ハニートラップではないが麻雀トラップとか、賭け事トラップとでも名がつけられよう。確かに、賭け事に弱い人には、いい落とし穴になる。

この事件で考えたストーリーがある。それは、

パチンコ好き国会議員をパチンコに呼んで、よく出る台に座らせて、ガンガン玉を出してやる。

国会議員は、喜んでパチンコ屋の言うことを聞くようになるであろう。

そして、国民の前では、パチンコはストレス発散になる。やりすぎはいけないが、気分転換にはいい。と言う。

その議員は、緊急事態制限時に、自粛すべき店舗からパチンコは外すように、運動する。

パチンコ屋は、客が必要としているからという理由で、自粛せず業を続ける。

言うことを聞かなかったパチンコ屋には後で、税務調査がやってくる。

その国会議員は、税務署に圧力をかけて、調査内容を曖昧にする。

これで、その議員とパチンコ業界との癒着が成立。

後は、「あの時の癒着内容をバラしまっせ」と脅されつつ、よく出るパチンコ台に座らせてもらいながら、ズルズルとパチンコ業界の言うことを聞くようになる。

そんな感じかな。

言っておくが、これはフィクションである。

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

コメント


認証コード1059

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional