土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

中国恐るべし。一人っ子政策もすごかったが三人子政策もすごい。

中国恐るべし。一人っ子政策もすごかったが三人子政策もすごい。

中国では、一人っ子政策もすごかったが三人子政策もすごい。

「早く恋愛して、早く結婚して、早く出産する。」そんな標語を掲げ出した中国。

これは、あんまりだとも思うが、ある面、真剣さはつたわる。

ま、これは私が学生だった時の頃には、そんな標語はなかったが、似たようなものはあった。

女性はクリスマスケーキ、25(日(歳))になれば安くなる。

大晦日(31)を過ぎれば、次の年(人)。

など

そんな、今では非常識的な常識が当時ははびこっていて、私もそう思っていていた。

そんな考えに影響を受けて、どうすることもできない自分の未熟さにさいなまれ、当時は本当にとても重要な人を失ってしまったと、今でも思ってはいるが、それも当時の影響を受けたとはいえ、自分と相手の決断。

これもまた、青春のひとかけらに落ち着いてはいるが、今の常識だったらもっと違った選択をしていたのではないかと思う。

しかし、今の常識の結果としての少子日本である。

そんなことを思い出しながらの「中国よ、お前はひょっとしたら正しいかも。」とも思う次第である。

日本も学ぶべきだとは思うが、方法論については、異論もある。

その話題は下記動画の後半にあるが、月経が止まってない女性を集めてブースを作るようだ。

ねるとんの中国版か。「月経が止まってない女性」というのがリアル。

LGBT花盛りの日本のマスコミでは許されないだろな。

*院長のFacebookはこちら*

Total:635Today:1Yesterday:0

コメント


認証コード6822

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional