土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

認定NPOの事務局をやっていて納得。

認定NPOの事務局をやっていて納得。

Total:132Today:6Yesterday:1

私は、「水道水を使ってむし歯予防をしよう」という、いわば、歯医者には何の金にもならないし、ある面損にもならない、公衆衛生学的政策を進める、認定NPO法人ウオーター フロリデーション ファンドという法人の事務局長をやっている。

その組織では、会計報告はもちろん、理事メンバーの名簿の提出や、寄付金の出所、使い道などの報告が毎年ある。提出して、やっと終わったかと思ったら、認定元の職員から、メールがきて、不備を指摘されること、年数回。 

「えーまたか。そんなのどうでもええやん。」とその場では思ってしまう。でも、ちょっと考えて、「これはとてもめんどくさい事だが、法や道徳から逸脱しないよう、よく指導してもらっている。」と思って、感謝することに決めている。

さらに、ふるさと納税的な、当NPO法人への寄付金の税額控除資格の「認定」資格維持のために、5年に一度、認定元から公務員が数人きての約二日間の監査も結構時間をとる。領収書一枚一枚チェックされる。

この監査はすでに10年間で2回クリアしたが、これらに関しては、私が公務員並の事務能力がないせいで、結構大変。

どうしてこんなに、めんどくさいし、厳しいいのか聞いたら、「ヤクザがNPO法人に入り込むのを防ぐ。」ために、こういう制度になっていると言っていた。

実は、笠置町では、団体への補助金関係で、すでに事件化した過去があるようで、そのために厳しいのかもと、特に疑ってしまう。

以下の動画の問題は東京都で起きているようで、私が事務局長を担っている団体が毎回受けるこの厳しさからして、認定元の京都府では、「こんな事はなくて、多分うまく行っているんだろう。」と感じる。

東京都では、いや、神戸でもか? 「弱者救済商法」という、世の中の隅にも置けない新しい補助金商売が、どうもあるようだ。

京都府の厳しさは、「いわば正常な厳しさ。」であると、納得。

京都府の職員は、東京都に出向して、「こうしたらいい」と教えてあげたらいいのではと、素人として思う。

*院長のFacebookはこちら

Total:132Today:6Yesterday:1

コメント


認証コード6908

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional