土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

訴状というのは、訴えられた側からは、公的公開可なものだと思う。

訴状というのは、訴えられた側からは、公的公開可なものだと思う。

Total:198Today:1Yesterday:0

訴状というのは公的公開可なものだと思う。やましいところがない立場がわからすれば。

訴えられた方は、悪い事してないのに言いがかり付けられたこともあるだろうから、「こんな言いがかりつけられましたけど、皆さんどう思いますか?」と言える。

訴える方は、「いや俺の方が正しい。皆さんどうおもいますか?」と自論を訴えたらいいと思う。

離婚話しや性的被害のような、隠しておいた方がどちら側も今後安泰になるだろうなことは別として、それらも含めてだが、つまり示談円満解決の段階を超えたら、つまりがつまり「どちらが正しいか勝負をつけましょう」の段階に入ったら、一般公開、皆さんの意見はどうですか?

なんていうのは、いいことだと思う。

公開された情報を書いて売っているのが、新聞。

だとしたら、訴状情報を売るのも、問題ないと思う。

RIGHT:&color(gray){&size(12)

*院長のFacebookはこちら

コメント


認証コード5127

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional