土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

なんだかんだ言っても、貧困国は食糧から。エネルギーも大切だが、まずは食糧。

なんだかんだ言っても、貧困国は食糧から。エネルギーも大切だが、まずは食糧。

Total:137Today:1Yesterday:0

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

なんだかんだ言っても、貧困国は食糧から。エネルギーも大切だが、まずは食糧。

大東亜戦争終結後、17年して私は生まれた。もの心ついた当時、東京オリンピックも終えたこともあり、日本は貧困国とは全く思っていなかった。

私は、戦後の山奥の開墾地で生まれたにもかかわらずだ。

戦後すぐに朝鮮から引き上げた岩城家一家の長男が小学5年生の時、祖父は決意した。

住むところがないので、山の中腹の土地を町から払い下げを受け開墾するしかないと。

家族でその山中に移り住んだ。

その後、その長男は大きくなって、それからの経緯は省略して、遠い親戚の2つ下の嫁をもらった。

私はその二人の長男で昭和37年に生まれた。

物心ついてからのことだが、当時、牛と、ウサギと、鶏を飼っていた。

ウサギ肉と鶏肉は食べる機会が、お祭りなどの時あった。

でも、牛肉は滅多に食べることできなかった。

本当に稀な機会に、牛肉を食べると、「なんておいしいいお肉だろう」と思った。

バターの味がする肉だった。

母親に、うちではウサギも鶏も牛も飼っているのに、なんで牛肉は食べれないの?と聞いたことがある。

小学校の低学年の頃だったと思う。

母親の答えは、その時はよくわからなかったが、今なら理解できる。

その回答は、「そりゃー、日本が戦争に負けたからじゃ」だった。

母親の言うことには、本当かどうかは定かでないが、うちに飼っている牛の肉は米軍基地に行くとのことであった。

「うちの牛の肉は、アメリカ人が食べるんじゃ」

当時、沖縄返還とか、田中角栄の日中友好とかそれらしことは多くあったが、戦後だったとはあまり思えなかった。

多分、戦前や戦中を知らないからだと思う。

戦後17年プラス小学生だから戦後25年以上だと思うが、戦後だったんだなと今からは思う。

全く関係ないが、見ていると、そんなことを思い起こさせる動画。

コメント


認証コード9684

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional