土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

19 忍ぶれど 色に出けり 我が老いは 物を忘れて 人に問うまで    読み人忘れ

19 忍ぶれど 色に出けり 我が老いは 物を忘れて 人に問うまで    読み人忘れ

Total:424Today:1Yesterday:0

*院長のFacebookはこちらをクリック*

   忍ぶれど 色に出けり 我が老いは 物を忘れて 人に問うまで 

                         読み人忘れ

 本歌は、小倉百人一首40番の平兼盛(捨遺集より)の「忍ぶれど 色に出にけり 我が恋は 物や思ふと 人に問うまで」の本科歌取り。

 最近、物忘れが激しくなってきているが、会社組織で弱みをを見せるわけにはいかず、日頃から態度に出さぬようにしている。しかしながら気がつけば、ついつい部下にものを尋ねようとしている自分に気づく。ここまでの本歌取りと雅号までのパロディーは、後光がが差すまでの完璧な作品。
 
 シャープを退職した人のシャープな歌である。

画像の説明

コメント


認証コード9724

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional