土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

28 磨けない 裏側うらうら 裏うらよ 今夜は私も 裏磨く

28 磨けない 裏側うらうら 裏うらよ 今夜は私も 裏磨く

Total:360Today:3Yesterday:0

*院長のFacebookはこちらをクリック*

磨けない 裏側うらうら 裏うらよ 今夜は私も 裏磨く   山浦 リンダ



作者は、山浦リンダさん、28歳、独身。

10年間努めていた、アパレル業を、母親の癌の手術のため退職。母親の退院後も、看病しながら自宅でしばらくゆっくりしていた。

そんな時、中学校のバスケット部での友達から、何年かぶりに電話があった。

ひさしぶりの会話に弾んだが、よく聞くと、人手を探しているとの事。きっと、私が仕事を辞めた事を誰か友達が伝えたのだろう。

彼女からは、「木曜日に人が足りない」といわれた。また「どうしても助けて。リンダだったらできるから。きっと人気者になるわ」といわれた。

結局、彼女のつとめているキャバクラに応援アルバイトに行かされた。

キャバクラと聞き、なんか嫌だったが、客商売はなれている。人助けだと思えば、自分を納得させられた。

ちょっと露出度が多い衣装を着かされ、座らされた。恥ずかしい気もするが、スタイルには地震、じゃなかった自信ある。紹介してくれた友達には負けない。

最初の客が、家の近くに開業している歯科医師だった。

その歯科医師は、どうも独身のようだ。独身は本当かなとも思うが、近所なので近くのおばさんに聞ける。

その歯医者は、私の歯は悪くないのに、「治療に来てね」という。

少しねっちっこいタイプで好きではない。

しかし、その日は、他の客も少なく、ラストまで私のそばにいた。

毎週木曜日に来て、私を指名する。でも、メールの交換はやめておく。いやな客とのメールのやりとりは、アパレルで懲りた。面倒くさいからだ。

いつもなんだかんだでラストまでいて、結構お金を使ってくれる。お酒は強いタイプだ。性欲は? 間違ってもそんなことは考えないようにしよう。

アフターのデートに誘われるが、「母が病気なので」と断っている。

嘘ではない。どうかなーとおもうからだ。

ある日、そのお客から、「歯磨きは裏も磨いて」といわれた。

私の裏?を、知っているのであろうか。

いや、そんなはずはないと思いながら、寝る前、裏側を磨く事を意識した。

これって、恋の始まりだろうか?

いや、「きっと遊ばれるに違いない」と、思いながら、歯の裏を意識した。

早く、お助けアルバイトはやめよう。

    

この短歌にあうイラスト募集しています。詳しくは、miwashiro@mx2.wt.tiki.ne.jp (岩城まで)

画像の説明

コメント


認証コード6155

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional