土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

世耕 弘成 頑張っている。

世耕 弘成 頑張っている。

Total:55Today:1Yesterday:0

世耕さん

近畿大学理事長一家の生まれで、私も近畿大学医学部の非常勤講師として、本当に少ないながらのお給料をいただいているが、同じ世代でもあり、むこうからはどうかは知らないが、こちらからは親近感がある。

この度は、かっこいい!

結局は、自分の立場を守るために、その場に居ない人、つまりが上司や国民には適当なことを言えば、とりあえずは済んで、それが自分の仕事だと思う人たちが、韓国には多いのだと思う。

慰安婦事件以来、何がどうでそうなるのか今までわからなかったが、レーザー照射事件を挟んで、そんな国民性だと言うことが、最近分かってきた。

日本人でも、部下が良い戦果を得られなく、言い逃れに嘘をつくことはよくあることだが、日本ではすぐバレるし、そんなことは潔しとしない、つまりが許さない文化である。

むしろ、日本では、正直言えば、最初は、努力不足と怒られるが、それでも、後から、よく頑張ったなと言って、慰めながら酒でもおごってくれる文化である。

オリンピックでの勝敗の後の、スポーツ選手の行動を観察しても、似たようなことが、韓国と日本での違いとして浮かび上がる。

多分、韓国では、実力以上に期待をかけられすぎて、それが不可能な時に、他者のせいにすることにより、自分を救済する方法を、小さいうちから学んでいるのだと思う。

そんな背景があるから、嘘も100回つけば本当になると言うことわざが、当たり前のこととして受け入れられるのであろう。

世耕さんの発言は、そんな人たちに翻弄されるのは、もうやめようと言うことだ。

将来の総理候補としていいんじゃないかと思う。

画像の説明

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

コメント


認証コード7936

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional