土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

日本の新型コロナウイルス肺炎(いわゆる武漢肺炎)対策を惑わせてるのはWHO

日本の新型コロナウイルス肺炎(いわゆる武漢肺炎)対策を惑わせてるのはWHO

Total:68Today:2Yesterday:0

画像の説明

日本の新型コロナウイルス肺炎(いわゆる武漢肺炎)対策を惑わせてるのはWHO。

中国発表やWHO発表に従った結果、日本の検疫官や救急隊員も感染した。

和歌山や大阪の医師もそうであろう。

なにが悪いのだろう。

悪いのは中国やWHOからの情報が歪められていることだ。

台湾経由などから上がる、動画を見ていたら、どう考えても、検疫官は完全武装必須だろう。

1月半ばから、WHOを信じずに、台湾経由の情報や、中国からの涙ながらの訴えのYoutubeを信じて対策を練っていたら、絶対にこんなに悪くはならなかった。

アメリカやオーストラリアは、チャイナリスクをよく理解していたので、強硬策を講じている。

ここまで、日本の状況が悪くなったのは、情報不足だからだ。中国が情報を歪め、WHOが従った。それに日本政府が従った。

完全にチャイナマネーが染み込んだWHOに騙されている。

だから野党は、チャイナに犯された、WHOや、国会議員やマスコミを攻め立てるべきだ。

ここに、野党の政権批判の立ち位置がある。

完全に国際機関はチャイナマネーに乗っ取られている。

厚生労働省は、どんくささはあるが、それなりに頑張っていると思う。

理由は会議が多すぎて、即決できないので、この目まぐるしさに対応できないのだ。朝令暮改がやりにくいシステムだからだ。

政府や厚生労働省を攻め立てる人は多くいるが、そこは無理がある。

話は変わるが、チャイナマネーはどうかわからないが、ここ数年のむし歯予防にもそんなところがある。

日本歯科医師会も、チャイナは関係ないだろうが、同じだ。

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

コメント


認証コード9832

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional