土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

コロナショックとも言えるがマスクショックとも言える。そして、食料ショック。

コロナショックとも言えるがマスクショックとも言える。そして、食料ショック。

Total:245Today:1Yesterday:0

画像の説明

12月末から、世界中の華僑に噂が入り、華僑は世界各国のマスクを華僑の地元で買い占めていたらしい。華僑の家は比較的大きので、大きな家の各部屋を、倉庫のようにして、マスクを溜め込んでいたようだ。

一般市民も1月から、世界に旅行して、マスクを買い込んで帰国していたようだ。

そしてマスクが世界中で足りなくて、そん結果値上がりした時、高値で売って中国人が大儲けしたのは有名な話だが、実はこれは10数年前より、用意されていたとも言える。

そう言えば、SARSや新型インフルエンザの時、日本人やアメリカ人はマスクのことちょっと問題にしたが、その後忘れていたなー。

アホな首長は、中国にマスクを送ったが、備蓄されて高値で、日本に販売用として戻され、金儲けの種になったのではないかと疑ってしまう。

中国人はマスクは投機に使えると理解していたのだろう。まー、癪だが、先見の明はあると、腹は立つが、認めてしまうところもある。

華僑の人は、オイルショックのようにマスクショックが起こることを知っていたのだ。

今日、ホーユーという染料関係の患者さんと話したが、もう一ヶ月もしたら、マスク不足は解消されるのではないかという話だ。

ただし、5−6倍は値上がりしてとのこと。

オイルショックを経験した世代からいうと、まさにマスクショックである。

華僑は、食料を密かに買いあさっている。

この夏すぎると、食料ショックと、聞いている。

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

コメント


認証コード3430

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional