土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

中国人は命の危険とともに発言している。

中国人は命の危険とともに発言している。

Total:433Today:1Yesterday:0

たぶん1980年代の後半、京都大学でネズミの「フレンドウイルス誘発の癌」を、「免疫学的手法を用いていかに治すか」を追求していた頃、麻原彰晃 対 大川隆法の対談が、京都大学のどこかの建物で行われるという立て看板があった。

そのころ、二人とも知らず、全く興味がなかったので、その対談を見逃した。

坂本弁護士一家失踪事件もあった頃だったが、こちらも、さっぱり何かわからず、興味がなかった。

「そんなこともあるのかな」と思っただけだ。

その当時興味があったのは、「癌を免疫学的に治すこと」と「可愛い女の子」ぐらいだったと思う。

今から思えば、今の私がその時にいたら、絶対にその対談を見に行くはずだが、過去に戻ることはできない。

そんな時代の 1989年6月天安門事件は起こった。

日本では、私の知り合いの中国人留学生が集まって集会をして、それを、怪しい、これまた日本人ではなさそうな人が近くで偵察していた。

今でもファッションでなんとなく中国人はわかるが、当時は変装してもわかった。

そんなこんなの時、京大ウイルス研の中国人大学院生のお家で、奥さんの作った餃子を食べながら老酒を飲みながら、文化大革命とか天安門事件とかの話しを聞いたが、はっきり言って理解できなかった。

老酒で酔っ払って理解できないとその時は思っていたが、大川隆法や麻原彰晃と同じで、まあたいして興味もなかったこともその原因であろう。

今はそのお友達は、中国のある医学部で教授をしていて、連絡はしていないが、多分コロナで忙しいことであろう。

今、なぜ、あの時理解できなかったのかが、だんだんわかってきた。

日本人の道徳や感情を基本に考えたから、中国人のしたことがわからなかったのだ。

理解するための座標が違ったのだ。

対数やLogの座標軸に、リニアーな数値をもってきても、何が何だかわからないグラフになってしまうと同じように。

今は、この一見間違いに思えるグラフを理解する知識を、ネットというところから得て、なんとか理解できるようになった気がする。

対数やLogの座標軸がなぜ必要かというようなことが理解できれば、まあ現状を理解できる。

それが、いいことか悪いことかは別にして。

そんな動画だ。

***院長のFacebookはこちらをクリックして下さい。***

コメント


認証コード5315

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional