土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

ワクチン接種の沙汰も金次第  その2  これはもう、ワクチン争奪戦争である。

ワクチン接種の沙汰も金次第  その2  これはもう、ワクチン争奪戦争である。

画像の説明

これはもう、ワクチン争奪戦争である。

爆弾は使われていなが、自国の対策が悪ければ、国内に、昨年よりも多く死者が出る。

であるから、優良なワクチンをいかに全国民に接種できるかという戦争が、全世界で始まっている。

ここで、この戦争を、本当にリベラルな考えで考えてみよう。

ワクチン接種は、状況が悪い国から。

ワクチン接種は、世界中平等であるべき。

ワクチン接種は、国力に差が出ないように。

ワクチン難民やワクチン難民国家を生まないように。

など、ありとあらゆるリベラル志向の考えが浮かび上がる。

この考えは正しい考えだ。

みぢかな例で、考えてみよう。

例えばの話だが、

京都市内と、笠置町では、新型コロナの患者数が違う。

だから多いところから接種すべきだ。

だったら、ワクチン会社は、どう考えても、多い京都市へ早く売るようになるのは当たりまえ。これは絶対的な定義。

だが、笠置町長は、「ワクチンを我が町に早く」優先ということで、選挙に当選したとすると、様々な、工作をワクチン会社にするはず。

違法であれ合法であれ、そこはわからないが、結果的に、強引に我が町笠置町にワクチンを誘導する。

南山城村だって負けてはいない。賄賂を使うかどうかはわからないが、笠置町よりも南山城村にワクチンをと言って、それなりの工作を製薬会社にするかもしれない。

そんなこんなの結果が今である。

日本が他の先進国から遅れをとっているのは、感染割合が少ないからである。

製薬会社は最初そう考えて優先順位を決め、感染割合が少ない日本は後回し。

落ち着いたら次は、同じ感染率レベルの国家間での取り合い。

確約取れない、韓国。

台湾に邪魔する中国。

押し売りする中国。

戦争として考えないと、後で大変な状況になる。

*院長のFacebookはこちら

Total:44Today:1Yesterday:0

コメント


認証コード2328

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional