土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

大学卒業の頃の懐メロフォークソグンの特集の三部作の後編。

大学卒業の頃の懐メロフォークソグンの特集の三部作の後編。

1962年(昭和37年)に生まれて、1974年(昭和49)に中学入学。1980年に岡山県立高梁高等学校卒業、京都駿台予備学校で一浪して、1981長崎大学歯学部へ入学。

中学時代は、セイヤング、オールナイト日本、パックインミュージックなどを、北朝鮮からの強い電波に、邪魔されながら聞いていた。

それを聞くことで寝不足になり、授業中寝ていた。

そんなこんなで、この人たちの影響を受けながら育った。

このほか、森田童子、因幡晃、永井龍雲、グレープ、アリス、かぐや姫、井上陽水、吉田拓郎、などビッグとなった人たちなどのコンサートと一緒に、彼らは前座で頑張っていたと思う。

それなりの自己主張があって、よかったと思う。

因幡晃の「わかってくださーい」は当時大ヒットだった。

ユーミンも、荒井由実だったし。

個人的には、森田童子に魅力を感じていて、今でもそうだが、30年ほど前、高校教師のテーマソングに選ばれていたので、理解者もいたことを認識した。

それから25年ぐらい経った1996年の動画。

テーマは懐メロのフォークソング。

それから25年ぐらい経った今の感想。

今では、懐メロメロか、懐懐メロのフォークソングかな。

それはともあれ、いいものはやっぱり感動する。

いいにせよ悪いにせよ、自分の何かの礎となっている気がする。

*院長のFacebookはこちら

Total:81Today:1Yesterday:0

コメント


認証コード1148

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional