土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

おいしいバナナのエクアドルで起こった事件。

おいしいバナナのエクアドルで起こった事件。

バナナのトリプトファンが、脳内の幸せホルモンの「セロトニン」の原料だと聞いて、うつ病気質の私は、毎日、一本は食べるようにしている。

ということだが、スーパーでは一本あたりもっとも安いものを買うようにしていた。

そんな中、患者さんに「xxバナナ」という会社名の保険証を新たに持ってきた人がいて、その再就職先のことを聞いたことから、診療のたびに、社員価格になった余ったバナナを持ってきてくれるようになって、そのせいもあって、よくはわからないが、何かとバナナを気にするようになった。

そんなこんなで、もともと学者気質なので、探究心強く、新発見したと言いたい。

実は、還暦手前で、初めてバナナの味の違いに気がついたのだ。

美味しいバナナは美味しい。

当たり前と言えば当たり前なのだが、この一行の行間を読んで、含蓄のある一行として、「いいね」してもらいたいものだ。

正直言うと、患者さんが初めてくれたバナナは美味しくなかった。

えっ、バナナってこんなに美味しくないもだったのか?

あまりもの貰い物だから仕方ないか。

と思ったのが始まり。

ところが、二回目に持ってきてくれたのはスーパー美味しいもんだった。

その患者さんは、どういう風に美味しくさせるかは、社員教育で習っていたことを、ある程度教えてくれた。

でも、その二つの違いが、何によるものかは、教えてくれなかった。というか、知らなかったのだと思う。

話は別で、近くに「だいせん」という八百屋がある。

そこで、黒くなった売り物にならないバナナを、ほぼ、もらった。

「ほぼ、もらった」というのは、一房7本ぐらいのものを100円で買ったら、店頭の残りものの2房もタダでくれたからだ。

つまり、100円で、21本近くの、消費期限まじかのバナナをゲットしたとも言える。

考えようによっては、お・と・く!

でも、こんな多くの、消費期限直前のバナナは、90%残飯行きだと思いながらしぶしぶ引き受けた。

残り物を引き取ってきた残飯処理の感覚で、仕方なく一つ食べてみた。

うーん、とても、お・い・し・い! 

し・あ・わ・せ・だ!

バナナの身が消化され、トリプトファンが体内に回って、セロトニンになる前に、多幸感を感じた。

この、バナナ間の差は一体、なんなんだろう。

ばなな専門の会社からのバナナと、近くの八百屋からのバナナ。

どちらもたまたま、そんなバナナに当たったということだが、何か発展的なことに繋がらないだろうか。

深く探究するのが、私の趣味だが、いろいろ調査して、今解明できたキーワードは「エクアドル」

エクアドルのバナナは相対的においしいいのではないか。

そんな、見たことも、行ったことも、統治者も知らないエクアドル関係の動画を見たので、エクアドル産のバナナのおいしさと共に、紹介したい。

*院長のFacebookはこちら

Total:163Today:4Yesterday:4

コメント


認証コード9106

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional