土曜日、日曜日での親知らずの抜歯、歯の移植、インプラント手術、口の中の出来物の手術、歯列矯正治療などを京都市、相楽郡、木津川市、奈良市の皆様に行なわさせていただいております。病院行く前にご相談ください。

加藤登紀子よ、今どう考えるのか?

加藤登紀子よ、今どう考えるのか?

音楽は日常感情の表現の一つである。

でも、と言うか、いや、そのためか、場合によっては、その感情の矛先は政治へと向かう。

そのような、ある面主義主張をする音楽というのも、悪くはないと思う。言いたいことを、音符に載せて表現しているにすぎない。

その時代時代を象徴して、何かの原動力となる。

私は、昭和37年生まれだから、ジローズの「戦争を知らない子供たち」が、私にとっては、おそらくその始まりだったように思う。

その後、幾つかの反戦ソングを聞きながら育った。

加藤登紀子はその反戦ソングの代表格であったと思う。

森山良子も近いか。

中国語なので分からないが、そんな一つだと思う。

とてもよくできているのではないかと想像する。

*院長のFacebookはこちら

Total:467Today:1Yesterday:0

コメント


認証コード5684

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional